contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 訪問診療

高齢で寝たきりの介護を受けている方やお体の不自由な方など、通院が困難な方のために、ご自宅・施設に訪問して歯科治療を行います。寝たきりや身体がご不自由な方は、どうしてもお口の中の手入れが不十分になります。口腔ケアで歯や歯ぐきを清潔にすることで歯が抜けるのを防ぐとともに、おいしく満足に食事ができる様になります。また「入れ歯が痛くてものが食べられない」というような場合でも、診断して再作成または調整を行います。患者さんに清潔なお口で食事をしていただき、おいしく食べられる生きがいや、全身の健康維持につながるようにお手伝いさせていただいております。

治療内容のご案内

治療 ・虫歯・歯周病の治療
・入れ歯の作製、修理、調整
・抜歯
その他全般的歯科治療に対応
口腔ケア ・口腔内の検診
・歯石取り
・ブラッシング指導など
口腔ケアは非常に大切です。
歯周病と全身的な病気は深く関わり合っています。

寝たきりや身体がご不自由な方はどうしてもお口の中の手入れが不十分になりがちです。特に入れ歯には大量のカンジタ菌(カビ)が発生します。これらの歯周病菌の混じった唾液を誤飲し、肺に入り込んで肺炎の原因となります。また歯周病が進行して、歯周病菌が「プロテアーゼ」を産生し、血液を固まらせます。そして血管を詰まらせる動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などを誘発します。

ご依頼から治療までの流れ

@ご依頼

当院へお電話いただくと「お口の状態」「ご住所」「ご連絡先」などをお聞きします。また、都合のいい日程なども併せてお聞きしますので、日程を調整して訪問日時を決定いたします。
まずは 011−683−3699 までお電話下さい。
 

A検 診

最初にお口の健康状態をチェックし、患者様一人ひとりに合わせた適切な対応を検討いたします。検診結果をご説明し、患者様の健康状態やご都合を考慮して治療計画を立てます。
 

B治 療

了解いただいた治療計画に基づき、具体的な治療や口腔ケアを始めます。お口や身体の健康維持のため定期的な検診・口腔ケアをお勧めします。訪問の際、交通の事情などにより往診時間は前後する場合があります。予めご了承ください。
 

治療費について

訪問診療は健康保険・介護保険の範囲で治療をおこなっております。ご自宅の方は健康保険と介護保険の併用、施設に入所の方は健康保険のみの適応となります。診療内容によっては保険内で出来ない場合もありますので担当医師とご相談ください。
歯科訪問診療というと費用面で心配をされる患者様が多くおみえになります。そんな患者様の不安を少しでも取り除けるよう、当院では治療料金の目安表を携帯してお伺いします。料金目安表を元に患者様と治療計画をじっくりご相談したうえで治療を開始します。
 

歯科訪問診療は医療保険の適用となります
(1)75歳以上の後期高齢者の方
  定率1割負担 ※一定以上の所得がある方は3割負担
(2)障害者、生活保護の方
  各市町村の減免と同じ取扱です
(3)一般の方
  一般の医療保険の自己負担と同じ取扱です
 ※(1)、(2)は自己負担限度額を超えた場合は還付されます
 

<口腔ケアについて>
介護保険の適用となります「居宅療養管理指導」
(1)歯科医師によるもの
  1回500円(月2回まで)
(2)歯科衛生士によるもの
  1回目350円(月4回まで)
★自己負担金は医療保険と介護保険が同時に発生する場合があります。
★福祉事務所発行の「生活保護法介護券」をお持ちの患者様の負担金はありません。

よくある質問

Q.入院中ですが、病院での治療はしてもらえますか?
A.往診できます。歯の治療は全身疾患とのかかわりが深いので、入院先の主治医の先生と連絡を
 とりながら治療していきます。

 

Q.施設の中でも診てもらえますか?
A.施設内でも往診できます。施設のスタッフとも連絡を密にとりながら治療していきます。
 

Q.母が寝たきりですが治療してもらえますか?
A.治療できます。ただしお体の状態によりできる治療が限られてしまう場合もあります。
 ご本人・ご家族の方と話し合いながらできる治療を行っていきます。

 

Q.入れ歯の調整だけでもいいですか?
A.もちろん構いません。入れ歯の状態なども説明しながら調整いたします 。
 

Q.深夜は往診しているんですか?
A.基本的には診療時間内のご訪問になります。
 

Q.歯が痛くてガマン出来ません。すぐ来てもらえますか?
A.基本的に往診は予約を取っての治療になっていますが、緊急の場合は対応もしています。
 

Q.治療が必要かどうか診てもらうだけでも来てもらえますか?
A.私たちは在宅での歯科検診・お口の相談だけでも行っています。
 まず一度検診を受けて、治療が必要かどうかだけでもみてもらいましょう。

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。