診療内容

インプラント治療

インプラントとは、歯が無くなってしまった顎の骨に穴を開けてネジを埋め込み、そのネジを土台にして歯をかぶせる治療です。咬み心地が入れ歯やブリッジに比べて自分の歯に近く、歯を削るために他の健康な歯を削る必要がなく、直接かかった力を骨に伝えることができるため残っている歯にかかる負担を少なくすることができるのが最大の利点です。
当院ではCT画像と模型を重ね合わせて作成したシュミレーションデータを元に、最適なインプラントを選択し、安全に手術が実施できるように術前の診断を行ってから実施しております。
各メーカーのインプラントには術式や製品上の特性など様々な特徴があり、当院では総合的に診断をして複数扱っているインプラントメーカーの中から最適なものをお勧めしております。

骨が少なくインプラント治療が難しい場合に行う補助的手術

GBR(骨再生誘導法)

骨が不足している部分を特殊な膜で覆うことにより骨ができるスペースを確保して骨の再生を促す方法です。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上顎の骨が少なくインプラント治療が困難な場合、上顎洞という空洞を持ち上げて骨を増やす方法です。

ソケットプリザベーション

抜歯した穴に、人工骨やCGF(血液を遠心分離して骨を作る元を沢山取り出したもの)などを入れることにより、抜歯後の骨の吸収を最小限に食い止める方法。

ボーンスプリッティング

インプラントを埋める骨の横幅が不足している時に、専用の器具を使用して少しずつ骨に開けた穴の幅を拡大したり、骨を2つに割って幅を広げていく方法です。

インプラント治療に使用する当院の設備

ピエゾサージェリー

超音波振動によって粘膜など柔らかい組織は傷つけず、骨など硬い組織だけを切っていくことができる装置です。

ペリオテスト・オステルメンター

インプラントがしっかり骨にくっついているかどうかを調べる装置です。ペリオテストは、歯やインプラントをコンコン叩いて跳ね返りを元に動揺度を調べる装置です。インプラントをオステルメンターは、インプラントにスマートペグと言われる装置を装着し共振周波数を測定して安定度を調べます。

イトーUST-770・BRソニックPro

医科で保険適用されている超音波骨折治療器です。骨の中の加温とミクロマッサージ効果によって骨の再生を向上させるULTRA SOUNDと筋肉・腱・靭帯の治療に使用できるLIPUS(低出力パルス超音波)を発生させる装置です。

イントラサージ300・インプランターNeo

トルクや回転数の厳密なコントロール、生理食塩水の注水が行えるインプラント専用モーターです。

PRGF-Endoret、AFG・CGF

自己血の採血を行って遠心分離を行い、血小板中に含まれる骨造成因子を多く取り出して、骨がなくなった部分等に応用することで骨の再生を促す方法です。当院は「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づく届け出を行っている第三種再生医療等提供医療機関です。

歯科用コーンビームCT

医科用CTに比較して非常に被曝量が少ないにも関わらず、高精度の3次元画像を撮影することができます。この1台でパノラマX線撮影、頭部の各種企画撮影を行うこともできます。

ソケットプリザベーション

抜歯した穴に、人工骨やPRGF-Endoret、CGF(血液を遠心分離して骨を作る元を沢山取り出した もの)などを入れることにより、抜歯後の骨の吸収を最小限に食い止める方法です。

鎌田歯科医院
歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科
電話:
011-683-3699
住所:
〒006-0816
北海道札幌市手稲区前田6条16丁目1番6号

診療時間

月~金は、午前9:00-13:00・午後15:00-19:00
土曜日は、午前9:00-12:30・午後14:00-18:00

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、黄色は午後休診です。

各種クレジットカード利用可能