診療内容

睡眠時無呼吸症候群用(SAS)
マウスピース

睡眠時無呼吸症候群に対する歯科的対応

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に息が止まり、いびきをかくことによって睡眠の質が悪くなり、昼間に眠くなったり、血圧が上がったり、心臓・血管に負担がかかる病気です。長い人では2分間息が止まっている方もおられ、血中の酸素飽和度は60%まで低下し、脈拍は200回近くまで上昇します。程度の大小はありますが、このような状態が寝ている間ずっと繰り返され、例えるなら毎日徹夜が続いているような状態になります。

治療は根本治療として肥満に対する体重減量、鼻腔が狭いなどに対する耳鼻科的治療、顎が小さいなどに対する口腔外科的治療、矯正治療が行われ、対症療法としてCPAP治療、歯科的マウスピース治療、睡眠体位の指導などが行われます。

睡眠時無呼吸症候群のうち軽症〜中等症、CPAPが使用できなかった症例にマウスピース治療は適応とされています。マウスピースを作成するためには終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査に基づく医師の診断を受け、マウスピース治療を行う必要があるか診療情報の提供を受けなければ作成することができません。疑いのある方は状態を把握し、必要であれば対応可能な医療機関をご紹介いたしますのでご相談ください。

マウスピースは下顎を前に固定した状態で作成しますが、痛みや噛み合わせの異常、筋肉や関節に問題が生じていないか、装置の効果が十分かどうかを確認し、不十分であれば再度効果が出る位置で固定します。マウスピースが落ち着いたら再度医師による治療効果の評価を行うことが重要で、必要に応じて再度の調整や管理を行うこととなります。医科歯科連携を行いながら管理を行うことが重要です。

鎌田歯科医院
歯科・歯科口腔外科・小児歯科・矯正歯科
電話:
011-683-3699
住所:
〒006-0816
北海道札幌市手稲区前田6条16丁目1番6号

診療時間

月~金は、午前9:00-13:00・午後15:00-19:00
土曜日は、午前9:00-12:30・午後14:00-18:00

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、黄色は午後休診です。

各種クレジットカード利用可能