contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > スポーツマウスガード

スポーツマウスガードは歯や口の周りを保護し、スポーツや格闘技での外傷を予防するための柔らかい装置で、市販品と歯科医院で制作するオーダーメイドのマウスガードの2種類があります。特にコンタクトスポーツをなさる方はオーダーメイド、市販品の別に関わらず装着をお勧めします。
 

市販品は使用しないよりは良いですが、オーダーメイドのマウスガードはフィット感が非常に良く、性能、使用感の上で遙かに上をいきます。カラーもある程度自由に選べ、賛否はあると思いますがファッション性にも優れています。プレー中にある程度しゃべる事ができ外れずらいため、市販品よりはプレーに集中することが出来ると思います。 怪我防止を100%保障するものではありませんが、もし怪我をした場合も症状が軽減されます。歯を強くぶつけると、その場では何も症状が無くても歯の成長が悪くなり、後々歯並び、かみ合わせにも影響がでることがあります。
 

現在、マウスガードの90%近くが市販品で使用されています。市販品は自身で熱を加えて成形するなど歯科医院が制作する物に比べて適合が非常に悪く、細かなかみ合わせの調整がされておりません。装着感や使用感に難点があり、歯列の形態によってはしっかり適合させることが難しいため、顎関節に負担をかけたり、プレーに集中できないなど問題が生じやすいといわれています。

 

ラグビーやボクシングの他にもサッカーや野球、格闘技など、特にお子さんの装着は欧米では常識となっています。サッカーはヘディングなどで脳に直接衝撃が加わるため、是非とも装着をお勧めしたいスポーツの一つです。
けがの防止やその他の効果を期待して大リーガーやF1レーサーなども使用しています。他の選手より一歩でもリードしたい方も、一度装着してみてはいかがでしょうか?個人差はあると思いますが、筋力のアップや精神集中など怪我防止以外の効果もあるようです。

マウスガード装着の目的、効能効果

・外力による歯の損傷、口腔内裂傷、顔面骨折の防止。

・食いしばりによる奥歯のすり減り防止

・あごの関節の保護
・脳や頸椎への衝撃を緩和して脳震盪を軽減。

・外傷予防の心理的効果によるプレーの積極性向上
・メンタル面の向上(集中力の向上など)
・パフォーマンスの向上(個人差がありますが筋力アップ)

 

マウスガード装着が義務付けられているスポーツ

・ボクシング
・キックボクシング

・ラグビー

・アメリカンフットボール
・ラクロス
・インラインホッケー
・空手

マウスガード装着が推奨されるスポーツ

ベースボール、ソフトボール、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、テニス、スカッシュ、ラケットボール、ホッケー、アイスホッケー、ゴルフ、水球、スキー、スケート、サーフィン、スケートボード、サイクリング、砲丸投げ、円盤投げ、槍投げ、体操、乗馬、柔道、剣道、弓道、相撲、レスリング 、テコンドー、空手、ラクロス、トランポリン、ボクシング、レスリング、ウェイトリフティング、ボディービル、アームレスリング、カーレース、モトクロス、マーシャルアーツ、パラシューティング、ライディング、スカイダイビング、アクロバットなど

 

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。