contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 子供の矯正治療について

当院では歯を抜かないやさしい矯正治療「床矯正治療」を行っております。
あごの骨自体を拡げて歯を並べる、歯を抜かないで行う矯正方法が床矯正治療です。
床矯正装置という入れ歯に似た装置を装着し、歯を動かしたり、あごを拡げて歯並びをきれいにし、かみ合わせを整えて行く矯正治療です。

お子さんのかみ合わせを見てあげてください。

・上下のかみ合わせが反対の箇所がある。
 もしくは全体的に反対である。
・歯並びがガタガタしている。
・あごの大きさが明らかに小さい。
・学校健診でかみ合わせが悪いと指摘された。

などなど、不正なかみ合わせの芽はありませんでしょうか?

不正なかみ合わせは様子を見ていても良くなることはほとんどありません。成長期が終わってしまい歯並びをなおしたいと思っても、そのときには抜歯矯正が待っている可能性が非常に高くなります。歯だけにとどまらず、あごの骨全体の成長に大きな影響を及ぼすので顔の骨格にも影響します。相談は無料ですので気になる箇所があったり、わからなければお気軽にご相談下さい。
あごの骨を大きく拡げる治療が基本になりますので成長期を過ぎてしまうと効果的な治療がしづらくなります。子供のかみ合わせの不正の芽を出来るだけ早く発見してあげ、早期に手をつけてあげることによって、正常なあごの発育を促し、抜歯矯正の確立を低くすることが出来ます。
 

取り外しできる床矯正装置は一種の入れ歯のようなものですので取り外しが自分でできます。食事や歯磨き、国語や英語、音楽の授業の時などははずしてもかまいません。装置の本体は入れ歯と同じプラスチックのプレートで成り立ち、その内部にスクリューやスプリングがついた構造になっています。このスクリューを回すことでプレートが広がり、その力がゆっくりとあごを拡げ、歯を動かし、歯並びをきれいにして行きます。
 

あごの成長も床矯正では大切な要素

あごを拡げるというと、顔が大きくなってしまうのでは?と心配される方も多いのですが、正確には歯を支えている歯槽骨を、歯が正しく生える位置に変化させるということです。
あごは一般的には女の子が14歳位、男の子はそれより長い17歳位まで成長しています。
 

床矯正ではあごの成長が止まるまでに歯並びや咬み合わせの問題を解消することが重要です。床矯正にとって、あごの成長は矯正治療を行うための大切な要素です。そのため、出来るだけ小さいうちに床矯正を始めることをお勧めします。 (床矯正は4、5才くらいから治療を始められます。)

床矯正の実際

現代人はあまり固いものを食べないため、明らかにあごの大きさは小さくなってきています。床矯正は、成長期に装置を用いてあごの成長を補助してあげることで本来あるべき成長(歯の大きさにあった成長)をさせてあげ、永久歯がしっかり生えるスペースを確保してあげるのが大きな目的の一つです。
治せるガタガタ歯並びがあるときには下の写真のように、補助的なワイヤーを装置に組み込んであげ、できるだけきれいな歯並びになるよう矯正していきます。
9歳5か月のときに何も手をつけてあげなければもっとガタガタした歯並びになっていたのは間違いないと思います。
 

9歳5か月
上下共にあごの大きさが小さく、大きな永久歯が生えそろうスペースがありません。
その結果、左右の歯の生えそろい方に大きな時間差が生じ、ガタガタした歯並びになっています。特に左下の前歯は大きく内側にずれてしまっています。

 

10歳11か月
あごの拡大を始めてから1年半経過しています。 あごが大きく広がり、ガタガタした歯並びが改善してきています。

 

11歳6か月
拡大を始めてから約2年経過しています。
左下の大きく内側に入った前歯を前に押してあげるワイヤーを組み込みました。きれいな歯並びになってきました。
乳歯もだいぶ抜けて、下から大きな永久歯が生えるスペースが確保されています。できるだけ良い歯並びにするため選択的に抜歯を行うことがあります。
右下に虫歯がありますがもうすぐ生えかわりで症状がないので、あえて治療をせず、経過を観察しています。不必要な虫歯の治療は行いません。


現在も継続して治療中です。
 

床矯正料金

1顎につき 70,200円
月極調整料 2,160円(毎回の検診、クリーニング、フッ素塗布を含みます)
※小児矯正治療後に本格矯正治療に移行する場合、本格矯正治療費から小児矯正費用を差し引いた金額のみで、本格矯正治療を開始していただくことができます。

 

ムーシールド


反対咬合(受け口)というのは遺伝的要因などいろいろな要因が考えられますが、大きな要因の一つに舌の位置が習慣的に口の中で低い位置にあることが挙げられます。
舌の位置が低いために舌の圧力で下あごを前に押し出す力が働き、下あごの成長を促進させること、また舌の位置が低いために上唇の圧力が相対的に強くなり、上あごの成長を抑制する力となります。上あごの成長が抑制され、下あごの成長が促進するため結果的に受け口になる可能性が高くなります。
ムーシールドは非常によく考えられた装置で、上唇の圧力を排除して舌を本来の高い位置に習慣づけることによりこれらの要因を排除して、上下のあごの成長をコントロールすることにより、受け口の治療を行っていきます。ムーシールドを使うことで100%受け口の治療がうまくいくわけではありませんが、受け口がわかっているのに放置して様子をみていても自然によくなる確率は6%程度だそうですから、できるだけ早めにムーシールドを使って治療を受けることをお勧めいたします。
 

ムーシールド料金 70,200円

管理料 来院毎に1,080円(改善するまでは1カ月に1回程度の通院、改善後は安定するまで2,3カ月に1回程度の来院が必要になります。)

 

通院の目安は程度や装置の使用状況によって異なりますが、概ね3か月〜6カ月程度で改善が見込めます。
 

■ムーシールドHP http://www.muhshield.info/

症例写真

大人の方の床矯正

大人の方でも床矯正による治療は可能ですが、あごの成長が利用できないので子どもよりも治療期間が長くなってしまいます。また、症状によっては床矯正が適用できなかったり、歯を抜くことが必要になることもあります。部分的な矯正や軽い症状であれば問題なく対応出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

一般的な矯正治療

歯列を改善し咬み合わせなどの問題を解決するために、歯を抜いて出来たスペースを利用して歯列を整えるのが矯正治療です。
もちろん状況にもよりますがスペースが足りない場合、上下左右の第一小臼歯を1本ずつ、計4本抜歯するケースが多いです。親知らずも抜く必要がある場合はさらに4本抜きますから、矯正治療のために歯を4〜8本抜くことになります。私たちの歯は親知らずを含め32本ありますから、一気に24本になってしまう方もいます。
 

しかし、歯を抜くから歯並びや咬み合わせを改善することが出来るのわけで、あごの成長を利用する床矯正と、永久歯が生え揃うまで待ってから抜歯して行う一般的な矯正治療とでは、考え方が根本から異なります。
1本の大切さを知っている患者さんが多いからこそ、「歯を抜かないで矯正治療ができないの?」「矯正治療はしたいけど歯を抜くのは嫌だ!」という声を聞く機会が増えています。
お子様が小さなうちに不正を見つけてあげ、出来るだけ歯を抜かないで理想的な顔貌、歯並び、かみ合わせに近づける努力をすることにより、将来的な抜歯矯正の確立を下げてあげる。もしくは抜歯矯正になったとしてもより良い条件にしてあげることは親御さんと歯科医の役目であると考えております。
床矯正は比較的最近、認知されてきた新しい矯正治療です。床矯正なら歯を抜くことなく、歯並びや咬み合わせを改善することができるかもしれません!
 

床矯正カウンセリングは無料です。

床矯正は歯を抜かない矯正治療として注目されています。
当歯科医院にとっても床矯正を通じて皆さんのお役に立てることは喜ばしいことです。
歯並びや咬み合わせのお悩み、床矯正に関する質問などを受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。