contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 口臭外来・ドライマウス外来

当院は、口臭治療における世界的権威である大阪のほんだ歯科 本田俊一先生が開発されたほんだ式口臭治療の研修を受け、認定を受けたEBAC口臭専門クリニック(認定医、認定衛生士各1名在籍)で、日本口臭学会認定医も取得しており、より専門的な口臭治療を行っております。 診断・治療は、ほんだ歯科口臭外来と同様の手法で行います。高度な診断機器が充実しており、多角的な診査を元に、ほんだ式口臭治療のノウハウを用い、専門的な指導、投薬、提携クリニックのみで取り扱いが可能なハイレベルなケア用品なども駆使して、口臭の悩みの解決をお手伝いいたします。 一緒に『無臭の息』の実現を目指しましょう。

※ほんだ式口臭治療は全て自費診療(保険適用外)となります。
※各種検査結果に基づく診断、診断に基づくほんだ式口臭治療は3〜4時間程度の時間を要します。
※口臭の悩み・アドバイスは保険範囲内でも実施しますので、お悩みの方はご相談ください。

ほんだ式口臭治療についての詳細はこちらからどうぞ

治療の流れ

  1. ① 診療予約

    ほんだ式口臭治療のご予約はお電話にて承ります。事前に生活調査票の記入が必要となりますので下記からダウンロードし、記載して当日お持ちください。不可能な場合は郵送にて調査票を送付いたします。

    生活調査票こちらから


    初診時は、診査・各種精密検査・診断・カウンセリングまで一度に行うため、3〜4時間のお時間が必要になります。お時間の余裕を持ってご予約をお入れください。当院でも大きくお時間をお取りしておりますので、直前のキャンセルはご遠慮ください。当日のキャンセルをされました場合はキャンセル料として5,500円(税込)を頂戴いたします。十分検討され た上で予約のお申し込みをお願いいたします。

  2. ② 事前生活調査票の記入(ご自宅での記入)

    予約日の1週間前から生活記録をとって、来院時に必ずお持ちください。生活タイムテーブル(起床、食事、出勤、帰宅、就寝などの時刻)と、朝昼晩の食事や間食の内容(飲み物も含む)、その他、口臭に関する情報(気になった時間や状態など)をできる限り詳細に記録してください。しっかりとした記載があればより正確な診断に繋がります。

  3. ③ 初診

    状況把握・各種精密検査・診断・カウンセリングを行います。ご記入いただきました調査票、各種診査により状態を的確に把握し、適切なケア用品のおすすめ、生活指導などカウンセリングを行います。
    ケア用品は診察料とは別途ご購入していただきます。ご購入は強制ではございませんが、使用した方が症状改善に役立つものを状況に応じてピックアップしてお勧めいたします。

  4. ④ 再診

    症状や改善の程度により一概に言えませんが、通常3〜4週間おきに2〜4回程度の通院が必要になります。

当院の保有している専門機器

ツインブレザーU

口臭の主な成分とされる硫黄化合物の硫化水素、メチルメルカプタンを高感度に分析できるガスクロマトグラフィという診査機器です。

B/Bチェッカー

色々なガスの合計を数値化することが可能です。口腔ガス・鼻腔ガス・呼気ガスを個別にはかり分けることができ、どこに原因が有るかを突き止めます。

アテイン(口臭能力試験)

アンモニア増幅法という手法で、患者さんに起こりえる最大の口臭を測定することが可能になります。

アテインインキュベーターシステム

唾液の匂いを再現することが可能になります。

ポケットケム(尿分析器)

尿検査により内科的問題を簡易検査できます。

ハイドライザー(水素ガス測定器)

精密な口腔内・呼気水素の測定を行うことが可能で腸内環境や生活習慣の把握に役立ちます。

ムーカス(口腔水分計)

お口の粘膜に含まれる水分量が測定できます。

※実施する口臭検査はここに示す機器による検査が全てではありません。官能試験やキットを使用した検査なども行っていきます。

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。