contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 知覚過敏治療

知覚過敏とは?

虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たるとピリッと痛かったりする場合には「知覚過敏」の可能性があります。
 

知覚過敏の症状

知覚過敏の症状で特徴的なのは、「キーン」という鋭い痛みです。その痛みは一時的で、冷たい水や歯ブラシが当たるなどの刺激によって痛みが繰り返されます。 また、知覚過敏の方に多く見られるのは、歯ぐきの当たりの歯質が削れている状態(くさび状欠損)です。 何もしていないのにズキズキ歯が痛い場合や、刺激しないようにしても痛みが長引く場合は知覚過敏ではなく虫歯など、他の原因である可能性が高くなります。
 

知覚過敏の原因

共通していることは何らかの原因で歯が削れ、歯の中の象牙質がむき出しになっていることです。強く磨きすぎるなどブラッシング方法に問題があること、歯周病が原因であること、 歯ぎしりや咬み合わせなど強い力が原因していること、スケーリングの直後、虫歯などいろいろ考えられます。
 

知覚過敏の自分での対処法

1.まずは正しい歯磨きを行う(力の加減や歯ブラシの毛先の固さ、当て方など)。
2.シュミテクトなど知覚過敏用の歯磨き粉を使用する。
3.上記の方法をある程度行っても痛みが無くならない場合、歯科を受診して専門的
  な治療を受けましょう。

 

知覚過敏の治療法

1.フッ素を併用してレーザーを当てることにより痛みが緩和します。
2.正しいブラッシング方法を指導いたします。
3.必要があれば削れている部分を詰めるなどの処置を行います。
4.覚過敏防止剤を使用します。かなり効果があります。
5.歯の削れの原因となる強い力などを見極め、かみ合わせを調整いたします。

レーザーや薬を使用するのはあくまで症状を緩和するための対症療法で、一時的な痛みを取るには有効な方法です。しかし不適切なブラッシングやかみ合わせの不良を放置すると、再び症状が現れる可能性が高くなります。一度受診していただいて原因を見極め、適切に対処することをおすすめいたします。

 

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。