contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 設備紹介

当院の最新機器、設備の一部をご紹介いたします。

歯科用コーンビームCT

非常に被曝量が少ないにも関わらず、高精度の3次元画像を撮影することができます。当院ではCAD/CAMのスキャナーとして、セラミック冠などの製作をするためのデジタルデータの取り込みにも使用しています。
その他パノラマX線、頭部の各種規格撮影を行うこともできます。

歯科用CAD/CAM

CTで読み込んだ歯型のデジタルデータを元に、セラミックブロックなどをこの装置で削り出して被せ物を製作します。

ロカテック

セラミック冠、保険のハイブリッド冠、金属冠など、この処理を行うことで接着力が大幅に増します。修復物が外れにくくなります。

ノーベルクリニシャン

インプラントを行う際、CTデータを取り込み、高精度のシミュレーションを行うことができます。診断に基づいて手術に用いるサージカルガイドを設計することが可能です。

インプラントモーター

生理食塩水を注水しながら回転数やトルクをコントロールし、安全、精密に骨を削ることが可能です。インプラントや外科処置に使用します。

ピエゾサージャリー

肉を切らずに骨を断つ機器で、主に骨を削る必要がある処置で使用します。
インプラント時など骨が足りない時に、侵襲を少なく簡単に自分の骨を採取することができたり、サイナスリフト(上顎の骨を増やしてインプラントを可能にする処置)など高度な外科処置を安全に行うことができます。抜歯なども超音波の振動で簡単に行うことができます。

遠心分離機

インプラント治療などで骨が十分でない場合などに、採血を行って血液を遠心分離することで、自分の血液中にある軟組織や骨を再生させる成長因子を分離し、高濃度にして使用します。副作用のない治療が可能となります。

手術室

当院ではインプラントや抜歯など特に清潔な環境が要求される口腔外科処置を行う際に使用する専用の手術室を完備しています。大型の無影灯も装備しており、明るい術野で清潔、正確な手術が可能です。

超音波治療器

超音波『ULTRA SOUND』と低出力パルス超音波『LIPUS』を発生する治療機器です。ホットパックや遠赤外線が体の表面を温めますが、超音波は直接深い組織に温熱作用を発生させることができます。また1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果があり、痛みを緩和させます。特に顎関節症など筋肉や関節の症状の緩和が期待できます。
LIPUSは、低出力の超音波を断続的に発振し、筋・腱・靱帯など、損傷を受けた軟部組織を効果的に治療します。下のBRソニックと同じです。

BRソニックPro

LIPUS(低出力パルス超音波)により、骨折時、骨移植時等の骨の形成を促し、治癒を促進させます。整形外科領域では健康保険の先進医療(難治性骨折超音波治療法)に適応されており、骨癒合期間を40%短縮し、遷延癒合の発生率を低下させる効果があると認められている超音波骨折治療器です。
主にインプラント埋入後の治癒期間短縮や、骨移植後の確実な治癒を得るために当院では使用しております。

オステルメンター(インプラント安定指数測定器)

非接触状態でISQ値(インプラント安定指数)を測定できます。客観的にインプラントや周りの骨がどのくらい安定しているかを知ることができ、より安全性の高いインプラント治療が行えるようになります。

ペリオテスト

歯周病などによる歯の動揺度や、インプラントの固定具合を測定する装置です。
一定速度で運動する軸を歯面にあて、加速度と接触時間を測定することにより動揺度を「-80〜+50」の数値で測定することができます。

ペリオウェーブ(光殺菌治療器)

医科で主にがん治療やニキビ治療で応用されている最先端の光殺菌治療器です。
メチレンブルーを主成分とした「バイオジェル」という液で細菌を染色し、赤色光と化学反応させる事で活性酸素を大量に発生させ細菌を死滅させます。インプラント周囲炎に対しても効果的です。

コスモアイキュア

歯周病治療や根の治療に使用します。高周波電流発生装置と超音波振動発生装置の2つの装置からなっており、高周波で根管の滅菌、歯周ポケット内の消毒、滅菌を行うことができ、超音波で超音波スケーラーと超音波拡大、ポケット洗浄機として利用することができます。

CO2レーザー

歯周病治療、初期虫歯の処置、虫歯予防、知覚過敏症状の緩和、傷や口内炎の治療、根の治療の効率アップ、歯ぐきの着色除去、止血、メスを使わない切開などが可能になります。

半導体レーザー

ペン型の半導体レーザーです。
半導体レーザーは、従来の電気メスと異なり、治療の痛みも少なく、ほとんど麻酔が必要ありません。出血や振動も少なく抑えることができ、傷の回復も電気メスより格段に早くなります。
歯周病治療、歯茎の黒ずみ、知覚過敏、口内炎、歯肉切除、歯根の治療 など広い用途に使用できます。

位相差顕微鏡・ペリオセーバー

より効果の高い歯周病治療を提供するため、ペリオセーバーというコンピューターを活用しております。お口の中にいる細菌を位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡で実際にお見せしてすることが可能です。その細菌が動いている様子を動画でコンピューターに記録し、歯周病治療に役立てます。「細菌がたくさんいるので、お口をきれいにしましょう」と口頭で説明しても、ピンときませんよね!
肉眼で細菌を見ながら、細菌の活動をおとなしくさせる様に予防処置を行っていきます。ペリオセーバーがあれば”実際の細菌の様子”をその都度ご確認いただき、記録もしていきますので、治療の効果がはっきりと分かり安心して治療していただけます。

ダイアグノデント

今まで虫歯の判定は歯科医の主観による判断で判定していました。もちろん視た瞬間穴があいて虫歯とわかるものは歯科医全員が虫歯と判定するでしょう。しかし判定が困難な場合(奥歯の咬む部分の溝が穴はあいていないが黒くなっている場合など)は歯科医によって判断が分かれるところでした。以前は「探針でガリガリ探って針が刺さる場合は虫歯」といった具合に判定していましたが、当然、探針の先の太さや歯科医の感覚によって判定結果が違いますし、最近では探針でガリガリやることによってエナメル質が壊れる可能性があることが指摘されています。そうした主観的な判定、及び歯に対するダメージを無くするためにダイアグノデントを活用しております。レーザー光の反射を数値化して虫歯を判定する機械で、正確に削る必要がある虫歯と削らなくても良い虫歯を判別することが出来ます。当院では疑わしい歯はすぐに削らず、ダイアグノデントを活用しMI(最小限の侵襲)を実践しております。

根管拡大装置

歯の神経を抜いたり、根の汚れをきれいにする根の治療に使用します。 今まで手で針を回して行っていた根の治療を、Ni-Tiファイルという柔軟性がある針をこれらの装置につけて低速で回すことにより、より効率的に根の治療を行うことができます。
当院には3種類の機械があります。

スーパーエンドα2・β

根の治療で根の中を綺麗にした後にガッタパーチャと言われる充填材を詰めるために使用します。この器具を使用することにより垂直加圧充填と言われる方法で緊密に充填することが可能になります。

シリコン印象材自動練和器

3M社とデンツプライ社のものを使用できるよう当院では2台使用しています。

アルギン酸印象材自動練和器

型取りの材料を気泡を抜きながらしっかりと練ってくれます。手で練るより正確な模型の製作が可能になります。2台設置しています。

オクルーザー(咬合力測定装置)

歯科治療にはよく咬めるように治療するという大目標があります。一概によく咬めると言いますが咬めるという感覚を歯科医がどう把握するかが難しい問題でした。
この機械は咬み合わせの力の大きさやバランスを測定できるので「この入れ歯はどれくらい咬めているな」「右に片寄って咬んでいるな」など、根拠を基づいた客観的なかみ合わせの診断が出来るようになりました。術前、術後のデータを比較することにより治療の効果も一目瞭然です。
当院ではコンピューターにより咬合力(咬む力)や咬み合わせのバランス等を総合的に診断し、具体的なデータとして咬む力を増やしたり、バランス良く咬むように治療を行うことが可能です。

パイオキュア

パイオキュアは、虫歯予防や根の治療時に活躍するフッ素イオン導入装置です。フッ素塗布よりも効果的にフッ素を歯質に取り込むことができ、虫歯予防に高い効果を発揮します。又、フッ素には細菌抑制効果があるため、より効果的な根の治療を行うことができます。

シェードアップナビ

歯の色調を数値化するホワイトニング専用の測色器です。ただ色のガイドを見て評価をしても主観的評価にすぎません。当院ではこの測定器を用いて客観的に治療効果を見極め、ご説明いたします。

ピカッシュ

入れ歯やマウスピースなどに銀のプラスイオンAg+をコーティングする装置です。銀はかなり以前から義歯の素材としても用いられており、口内環境を安全かつ健康に保つためになくてはならない素材。防腐・殺菌力に優れる銀の性質を、より強く引き出したのがAg+です。
Ag+は安全性も高く、近年はさまざまな製品や食品にも用いられています。これをナノサイズの細かい粒子にし、入れ歯などにコーティングすることで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

電動注射器

注入速度、注入圧力をコンピューターが自動的にコントロールし、痛みの少ない麻酔が可能です。麻酔注射の痛みは針を刺すときの痛みと、薬液の注入スピード、圧力によって起こります。より痛みを少なくするため、表面麻酔を十分作用させた後、電動注射器を使用しております。当院では2台用意しております。

笑気吸入麻酔器

歯科治療に恐怖感、不快感、ストレスを感じる方は非常に多いかと思います。これらの不安を和らげ、快適に治療を受けていただくために笑気麻酔を導入しております。「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心の強い子供だけでなく大人でも歯科治療に対しては「嫌だな」と思われている方が多いようです。
この歯科治療の恐怖感や不安感を解消させるものとして確立されてきたのが笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)です。笑気麻酔はこの機械で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクを用いて患者さんに鼻から吸引してもらいます。
笑気の臭いはほのかに甘い香りで違和感無く気持ちよく吸入できます。吸入後、5分以内に鎮静状態に到達します。血中からの排泄も非常に速いので、治療終了後は数分で帰宅することができます。笑気麻酔は中枢神経系の機能を抑制しますが、呼吸や循環、反射機能は抑制されませんので患者さんの意識は保たれた状態にあります。恐怖心や不快感といった精神的ストレスから解放され、穏やかでリラックスした状態になります。局所麻酔などの刺激に対して痛みをあまり感じなくなりますので、より無痛に近い状態で治療が可能になります。時間の経過も気にならなくなるので治療時間が長くなっても受け入れることができます。実際に患者さんが経験する状況としては、概ねお酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感がある状態になるようです。

特に

  1. 歯科治療に不安感、恐怖心、不快感を持っている人
  2. 歯医者が嫌いなお子様や高齢者
  3. 心疾患、高血圧など内科的疾患を持ち、ストレスを軽減する必要のある人
  4. 歯科治療中の神経性ショック、脳貧血様発作、疼痛性ショックを有する人
  5. 嘔吐反射の強い人

には非常に有効です。

生体情報モニタ

長寿、高齢化による高齢者の増加に伴い高血圧症や虚血性心疾患などの疾患を持つ患者さんの治療機会が増加しています。高血圧者は4人に1人、高齢者は比率が更に高くなります。歯科治療中に麻酔や治療時間が長いと全身的な管理が必要で、循環器・呼吸のモニタリング、血圧・SpO2・ECG等を継続してモニタリングすれば、事故を未然に防ぐことができます。

AED

当院では万が一の備えにAEDを装備しております。心臓突然死の主な原因に、心筋の動きが乱れて心臓のポンプ機能が失われる心室細動があります。心室細動発生から1分毎に救命率が7〜10%下がると言われており、いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。強い電気ショックを与えて心筋のけいれんを除去する電気的除細動は最も効果的な方法だと言われており、この電気的除細動を自動的に行うのがAEDです。当院ではCPR(心肺蘇生法)とAEDのトレーニングキットを用意し、定期的に研修会を行っております。
2004年7月から、救命のためであれば誰でも使えるようになりました。出番がないことに超したことはありませんが、必要であれば貸し出しいたしますので鎌田歯科に行けばAEDがあることを覚えておいて下さい。

POICウォーター生成器

タンパク分解除菌水と呼ばれるタンパクを分解しながら同時に除菌もできる水を作る機会です。タンパク分解の主役である480ppmの次亜塩素酸イオンと、消毒の主役である20ppm次亜塩素酸に調整された水を作ることができます。当院では使用した器具に噴霧して感染防止、根の治療の洗浄、院内の空気の除菌、プラークコントロールなど幅広い用途で使用しております。

口臭測定機器

各種口臭測定機器は口臭外来ページで紹介しております。

滅菌機器類、院内清浄化機器

滅菌機器類、院内清浄化機器は滅菌のページでご紹介しております。

訪問診療機材

訪問診療機材は訪問診療ページでご紹介しております。

 

カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。