contents

  • 口臭外来
  • ドックベストセメント療法
  • 3DS除菌外来
TOP > 当院のコロナウイルス対策について

当院のコロナウイルス対策について

エピオスエコシステム

うがいコップの水、手洗い水、ドリルの先から噴射される水に至るまで、当院で使用している全ての水は、ほぼ全ての細菌、ウイルスを死滅させることができる濃度に調整された次亜塩素酸水を使用しています。飛沫感染、エアロゾル発生防止に大変有効なシステムとなっております。有効濃度が保たれているかどうか年に一度の検査を受けており、歯科治療水安全認定施設に認定されております。
生成に当たって薬品、薬剤は一切使用しておらず、高純度の塩と純水だけを電気分解して生成されておりますのでご安心ください。

バイオサニタイザーによる清拭、除菌

当院では、診察台の拭きあげなどの際に、バイオサニタイザーという除菌液を使用しています。即効性があり、約30秒で99.999%の細菌を死滅させる強力な除菌効果があり、新型コロナウイルスに対しても効果があるとされています。歯科医院だけでなく、病院や食品工場、農場などの現場でも使用され、高い信頼性がもたれています。

院内換気の実施、大型空気清浄機の使用

当院では対策として頻回に院内の換気を行っております。換気により室温が下がるため、当院でも室温を保つために暖房をつけるなどして対策をしていますが、それでも改善されない場合は患者様に関しましても上着を羽織るなどのご協力をお願いする場合がございます。面倒をおかけしますが、感染リスクを少しでも減らすため、皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。
また、当院では大型空気清浄機を設置しておりますので、換気と合わせてより高い空気の安全性を保ってます。

スタッフ、患者様の体温測定実施

当院では毎日従業員の体温を測り感染の疑いがないかをチェックを行っております。
また、患者様にも来院の際に非接触型の体温計で体温を計らせてもらっております。
目安として37.5℃以上の方やそれに近い体温であった場合、診療をお断りする場合がございますが、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

手指のアルコール消毒、待合室の次亜塩素酸水拭きあげの実施

来院したすべての患者様に手指のアルコール消毒をお願いしています。最近ではコロナウイルスの影響もあり、スタッフの手洗い・消毒を特に入念に行っております。グローブも患者ごとの交換を徹底していますのでご安心下さい。また、受付は頻回に次亜塩素酸水で待合室を拭きあげて除菌を行っております。噴霧器と合わせて待合室の高い除菌環境を保つように努めています。

フェイスガードの装着

新型コロナウイルス対策として、一部の従業員はフェイスガードを装着しております。
マスクだけでは口元の保護しか出来ませんが、フェイスガードは顔全体をカバーすることが出来るので、唾液等の飛沫による目の粘膜からのウイルス侵入も軽減することができ、従業員の感染リスクを減らしています。


カレンダー

赤は休診日、水色は午前休診、
黄色は午後休診です。